短信

滴滴(DiDi)の自動運転部門、広州汽車などから3億ドル超を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の配車アプリ最大手「滴滴出行(Didi Chuxing)」の子会社で自動運転事業を手掛ける「滴滴沃芽科技」が、間もなく総額3億ドル(約328億円)超の調達を完了する。このうち中国の大手自動車メーカー「広州汽車集団(GAC Motor)」と「広汽資本(GAC CAPITAL)」傘下のファンドが1億ドル(約109億円)ずつ出資する。

今回の資金調達によって同社の評価額は、同じく自動運転技術を手掛ける中国のスタートアップ「Pony.ai(小馬智行)」を上回ることになるだろうと関係者は伝えている。 滴滴沃芽科技は2019年に分社化されて以来、合計11億ドル(約1200億円)以上を調達してきた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録