ソフトバンクG支援の中国生鮮EC「叮咚買菜」がNY上場に向け目論見書提出

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ソフトバンクG支援の中国生鮮EC「叮咚買菜」がNY上場に向け目論見書提出

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の生鮮食品EC「叮咚買菜(Dingdong Maicai)」がニューヨーク証券取引所でのIPO(新規株式公開)に向け、米国証券取引委員会(SEC)に上場申請書類を提出した。同社が提出した目論見書によると、証券引受業者はモルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ、クレディ・スイスなど。ティッカーコードは「DDL」。暫定的に調達予定額は最大1億ドル(約109億円)となっているが、この数字には実質的な意味がない。

同社の2020年の売上高は114億元(約1950億円)であり、2019年の38億8000万元(約664億円)から大幅に増加している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録