EV大手「NIO」、低価格帯ブランドを新設 子会社化する可能性も

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

EV大手「NIO」、低価格帯ブランドを新設 子会社化する可能性も

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

新興EVメーカー「NIO(蔚来汽車)」が、ミドル・ロークラスのブランドを密かに作り上げるために、社内チームを結成しているという。このサブブランドプロジェクトはまだ機密扱いの段階にあり、社内におけるプロジェクト名は4文字のアルファベットからなり、新しいサブブランド名もまだ確定していないが、以前に噂されていた「双子星(Gemini)」でないことは確かだ。現在、NIOはこのプロジェクトのために上海に研究開発チームを設置している。

記者が調査したところによると、従来の価格帯は大体35万~47万元(約599万~805万円)に対し、NIOの新しいサブブランドは20万元(約342万円)前後の市場にポジショニングされる。 ハイクラスという位置付けに影響を与えないために、新しいブランドは組織構造上、独立した状態が維持される可能性もある。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録