短信

ファーウェイ、世界最大のサイバーセキュリティ拠点を中国に開設

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

6月9日、ファーウェイ(華為技術)が、同社最大のサイバーセキュリティ拠点「Global Cyber Security and Privacy Protection Transparency Center」を中国広東省東莞市に開設した。同日に行われた開所式には携帯通信事業者の国際業界団体「GSMアソシエーション(GSMA)」、アラブ首長国連邦(UAE)、インドネシアの規制当局、英国規格協会(BSI)、ドイツのLinux大手「SUSE」などの代表者が出席し、講演を行った。

今回の開設に合わせ、ファーウェイは「Product Security Baseline」 を業界に向けて初めて公表した。これは同社の製品セキュリティに対する基本的なフレームワークおよび管理手法であり、顧客、サプライヤー、標準化団体など利害関係者と協力し、業界全体でサイバーセキュリティを強化するためのものだ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録