IT大手バイドゥ、自動運転車の充電自動化特許を公開

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

IT大手バイドゥ、自動運転車の充電自動化特許を公開

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

企業情報検索サイト「天眼査(Tanyancha)」によると、中国IT大手バイドゥ(百度)の運営主体である「北京百度網訊科技有限公司(Beijing Baidu Netcom Science Technology Co., Ltd.)」がこのほど、車両充電の方法、装置、電子機器、および記憶媒体に関する新たな特許情報を公開した。公開番号はCN112895925A、申請日は2021年1月。

特許概要によると、今回公開された特許は、自動運転、人工知能、デジタルマップ、クラウドコンピューティング、およびクラウドプラットフォームの分野に関するものだという。本出願の実施例によれば、無人運転下で車両自身が充電設備を検出し、移動、充電を行なえるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録