中国ネット配車「陽光出行」が米国上場を計画、早ければ年末に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国ネット配車「陽光出行」が米国上場を計画、早ければ年末に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ネット配車アプリ「陽光出行」を運営する「北京假日陽光環球旅行社」が約10億ドル(約1100億円)の評価額で1~2億ドル(約110~220億円)の資金調達を模索しているという。また、陽光出行は、早ければ2021年末の米国上場を計画しており、現在モルガン・スタンレーなどの投資銀行と協議を行っているとのこと。

陽光出行は2016年にローンチされたされた。設立当初は「陽光車導」という名称で、「Trip.com(携程集団)」を始めとするオンライン旅行会社(OTA)のプラットフォームに観光バスや観光タクシーを提供していたが、後にネット配車事業全般を手掛けるモビリティ企業へ転換した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録