重慶風火鍋チェーン「巴奴毛肚火鍋」、約85億円超の資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

重慶風火鍋チェーン「巴奴毛肚火鍋」、約85億円超の資金調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

重慶風火鍋チェーン「巴奴毛肚火鍋」が、間もなく5億元(約85億円)超の調達を完了しそうだ。リード・インベスターは「中国中信集団(CITIC Group)」傘下の「CPE源峰(CITIC Private Equity Funds Management )」、コ・インベスターは「日初資本(Dayone Capital)」、「番茄資本」など。

今回の資金調達について、巴奴毛肚火鍋の創業者である杜中兵氏に確認したところ、「同シリーズの資金調達は未だ完了しておらず、現在も進行中だ」とのこと。

巴奴毛肚火鍋は直営式でチェーン展開しており、2001年、河南省安陽市に1号店を出店した。同社は2020年3月にも番茄資本から1億元(約17億円)近くを調達している。

また同社は、一人用火鍋ブランド「桃娘下飯小火鍋」をインキュベートし、運営を開始したという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録