短信

テスラ、中国で廉価版「モデルY」を発売 アクセス集中で公式サイトがサーバーダウン

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

7月8日、米電気自動車大手テスラ(Tesla)の中国公式サイトで、ミッドサイズSUV(多目的スポーツ車)「モデルY(Model Y)」のスタンダードレンジバージョンが発売された。

補助金適用後の販売価格は27万6000元(約468万円)。同モデルはシングルモーターRWD(後輪駆動)で、航続距離は525 km(中国独自の走行モードによる)となっており、停止状態から時速100キロまでの加速に要する時間は5.6秒、最高速度は時速217キロメートルに達する。

テスラが低コストのリン酸鉄リチウムバッテリー(LFP)が採用したことにより、モデルYを30万元以内に引き下げられた。中国産EVセダン「モデル3」の搭載バッテリーがリン酸鉄リチウムバッテリーに変更された後、そのエントリー価格は25万元(約424万円)にまで下がったが、今回のモデルYの「下げ幅」は7万元(約118万元)以上となっている。

公式サイトでは購入を希望するユーザーによるアクセスが集中したため、サイトの一部の領域でクラッシュが発生した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録