自律搬送ロボット「Syrius(シリウス)」が資金調達、バイトダンス出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

自律搬送ロボット「Syrius(シリウス)」が資金調達、バイトダンス出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

AMR(自律走行搬送ロボット)のソフトウェア、ハードウェア、およびクラウドサービスを提供する「炬星科技(Syrius Robotics)」が、シリーズBで2000万ドル(約22億円)超を調達した。リードインベスターはTikTokの運営会社バイトダンス(字節跳動)、コ・インベスターはレノボ・キャピタル(聯想創投)、既存株主のセコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)、日本の「PKSHA SPARX Algorithm Fund」など。

炬星科技は今後、中国国内および欧米の市場を拡大する予定だ。自社開発のOSととAI+IoTプラットフォームにより、ソフトウェアエコシステムとクラウドサービスの二段構えによるAMRの実用化を推進していくという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録