レノボ、上海科創板への上場申請取り下げ 株価は17%以上下落

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

レノボ、上海科創板への上場申請取り下げ 株価は17%以上下落

続きを読む

PCメーカー大手のレノボ・グループ(聯想集団)が10月8日夜、上海証券取引所のハイテク企業向け市場「科創板(スター・マーケット)」への上場申請を取り下げた。同社は科創板に中国預託証券(CDR)の発行を通じての上場を計画していた。

香港証券取引所に上場しているレノボが同取引所を通じて出した公告によると、上場申請資料の提出後、会社の事業規模や複雑さのため、目論見書に記載されている財務情報の有効性が申請の審査中に失効する可能性があったという。また、上場に関連した最新の状況など、関連する資本市場の状況なども鑑みて慎重に検討した結果、上場申請の取り下げを決定したとのこと。

レノボは、科創板への上場申請の取り下げが同社の財務状況に悪影響を及ぼすことはないとしている。

これを受け、11日の香港株式市場で同社の株価は17%以上下落して始まり、時価総額は900億香港ドル(1兆3110億円)を下回った。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録