共同購入プラットフォーム「小区楽」:シリーズAで120億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

共同購入プラットフォーム「小区楽」:シリーズAで120億円調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ネット通販「格家網絡(Gejia Network Technology)」傘下の、地域コミュニティ向け共同購入プラットフォーム「小区楽(Xiaoqule)」は、シリーズAで1億800万ドル(約120億円)を調達した。リード・インベスターは「GGVキャピタル」、「祥峰投資(Vertex Ventures)」、「海納亜州(SIG ASIA)」の3社、コ・インベスターは「順為資本(Shunwei Capital)」、経緯創投(マトリックス・パートナーズ)」、「真格基金(ZhenFund)」等である。この金額は、中国の同様のサービスが調達した中で過去最高である。格家網絡董事長の李瀟氏は、「資金は、サービス対応都市の拡張、購入グループの拡大、プロモーション及びサプライチェーンのアップグレードに充てる」と述べた。
 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録