人気無糖飲料「元気森林」安定供給確保に980億円投じて自社工場建設

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

人気無糖飲料「元気森林」安定供給確保に980億円投じて自社工場建設

続きを読む

中国の無糖飲料メーカー「元気森林(GENKI FOREST)」は、10月26日に開かれた戦略発表会で、自社工場の建設を進めていることを明らかにした。世界的な大手企業のプレッシャーを受けて、2018年から2020年の間、サプライヤーからの供給が幾度となく滞ったためだという。現時点で、元気森林は中国国内の5つの工場へ総額55億元(約980億円)を投入することを計画しており、敷地面積は合計660万平方メートル以上。全ての工場で生産が開始されれば、生産能力は50億本ボトル以上になる予定で、安徽省滁州市、天津市西青区、広東省肇慶市の工場が相次いで稼動を開始している。

また、同社はいくつかのビジネスデータも公開した。それによると、製品の研究開発期間は平均5.5カ月、研究開発費は前年比で350%増加している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録