東南アジア通販大手「ラザダ」:双11の最新データを公表

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

東南アジア通販大手「ラザダ」:双11の最新データを公表

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

東南アジアのネット通販「ラザダ(Lazada)」(2016年にアリババが買収)が、2018年の双11「独身の日」のデータを公表した。2000万人以上の消費者がラザダのサイトやアプリ経由で「爆買い」したとのこと。、アメリカの化粧品メーカー「メイベリン(Maybelline)」、アメリカの液体ミルクメーカー「Enfa」、中国のスマホメーカーOppoのブランド「RealMe」、「ロレアル(L’Oréal)」など40万以上のブランドやショップが参加し、東南アジアでの取引新記録を樹立した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録