スマホゲームライブ配信「触手」:シリーズDで資金を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

スマホゲームライブ配信「触手」:シリーズDで資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

今年1月初旬、スマホゲームライブ配信プラットフォーム「触手(Chushou)」が、Googleをリード・インベスターとするシリーズDで資金を調達した。コ・インベスターはベンチャーキャピタル「啓明創投(Qiming Ventures)」などの既存株主。中国検索サイト大手バイドゥが69.6%の株式を保有する動画共有サイト「アイチーイー(愛奇芸)」も出資した。触手のCMO楊淑玉氏は、アイチーイーからは今年の初めに出資を受けていたこと、新たに10億ドル(約1130億円)の資金を調達しつつあり新規株式上場に向けて準備中であることも明らかにした。同氏によると、触手はかつてライブ動画共有サービス「全民直播(Quanmin.TV)」や「熊猫直播(Panda.TV)」の買収も検討していたという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録