瓶入りカクテル「WAT」が新たに資金調達、洒落たデザインで若者を魅了

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

瓶入りカクテル「WAT」が新たに資金調達、洒落たデザインで若者を魅了

続きを読む

RTD(Ready To Drink=ふたを開けるだけで、そのまま飲める缶やペットボトル入り飲料)カテゴリーの新興カクテルブランド「WAT」がシリーズAで資金を調達した。リード・インベスターは「ベルテルスマンアジア投資基金(BAI)」「番茄資本」人気ティードリンクチェーン「HEYTEA(喜茶)」。プレシリーズAはBAI単独主導で、この時WATは数千万元(数億円)を調達している。

WATはオリエンタルなテイストと独創的なフレーバーを特徴とし、高級酒と大衆酒の2路線で展開している。高級酒ラインでは、プロのバーテンダーやミシュラン掲載レストランとコラボレーションし、果汁やをブレンドしたガラス瓶入りのカクテルを発売。「WHITE GOURD HIGHBALL(トウガン・ハイボール)」「ROSELLE PLUM COCKTAIL(ローゼル・青梅カクテル)」「ICE LEMON TEA COCKTAIL(レモンティー・カクテル)」などの特徴的なフレーバーのカクテルを開発し、価格は100ミリリットル40~50元(約710~890円)。大衆酒ラインでは缶入り炭酸酒シリーズをリリースし、こちらは330ミリリットル10~12元(約170~210円)で展開している。

今年7月には上海でWATブランド初のコンセプトショップをオープン、さらにアリババ系ECサイト「天猫(Tmall)」、ソーシャルECアプリ「小紅書(RED)」、ショート動画アプリ「抖音(Douyin)」(TikTokの中国版)などでもEC事業を展開。他の一~二級都市にもコンセプトショップをオープンする計画があり、2022年までに20店舗以上をオープンする予定だと報じられている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録