都市物流サービス「駒馬グループ」:シリーズCで約245億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

都市物流サービス「駒馬グループ」:シリーズCで約245億円を調達

続きを読む

11月27日、「駒馬(JUMA)グループ」はシリーズCで15億元(約245億円)を調達した。物流企業の「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(普洛斯)」や「遠洋資本(Sino-Ocean Capital)」等の投資機関が共同出資した。駒馬グループは2011年に創業、貨物輸送車両のリース及び都市物流を行っている。駒馬グループ創業者の一人で「駒馬科技(Sichuan Juma Technology)」総裁でもある陳黎氏は、「中小企業向け都市物流サービスが今後1、2年で拡大するだろう。また、最近は、新エネルギー事業の構築にも重点を置いている」と述べた。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手