植物肉のスタートアップ「穀肉」、約17億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

植物肉のスタートアップ「穀肉」、約17億円を調達

続きを読む

ブロックタイプの植物肉を研究開発する「穀肉食品科技」(以下「穀肉」)が、このほどエンジェルラウンド、シリーズAと続けざまに資金調達を行い、総額約1億元(約17億円)を調達した。

同社は2019年に設立された。創業した王一氏の出身大学である江南大学の「食品科学与技術国家重点研究室」とは、当初から戦略的技術提携を結んでいる。また、2000平方メートルの自社工場を構え、ブロック型植物肉を生産し、飲食店や食品会社などに販売している。

同社は製品の研究開発に重点を置いており、本物そっくりな外観、風味、形状の3方面において、製品のブラッシュアップを行ってきた。

1 外観については、織物技術を応用し、筋肉組織の質感をリアルに再現することで、ブロック肉の食感を再現する。

2 風味については、臭気分子除去技術を用いて豆製品特有の臭みを取り除き、同時に植物成分を添加することで、心地よい肉の香りを完璧に再現する。

3 形状については、生体組織接着技術を用いて製造することで、安定性が高く、さまざまな加工が可能な植物肉となる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録