AI手話キャスターを北京五輪投入。中国国営メディアとバイドゥが共同開発

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AI手話キャスターを北京五輪投入。中国国営メディアとバイドゥが共同開発

続きを読む

中国の中央テレビニュース(CCTV News)は、国内に2700万人いる聴覚障害者に手話放送を提供するため、IT大手バイドゥ(百度)と共同で開発したAI手話キャスターを発表した。、来年2月に開催される北京冬季五輪・パラリンピックから稼働するという。

このキャスターには、音声認識や自然言語理解(NLU)などの技術を使用した手話翻訳エンジンと自然動作エンジンが搭載されている。手話翻訳エンジンは文字や音声を手話の動作に変換し、自然動作エンジンはバーチャルイメージを駆動。手話の動作を高精度のデジタルヒューマンが再現するのに加え、積み重ねたトレーニングにより、視聴者が理解しやすく、正確で一貫性のある手話表現スキルを備えている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録