保護者と幼稚園をつなぐ共育アプリ「掌通家園」:シリーズDで約110億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

保護者と幼稚園をつなぐ共育アプリ「掌通家園」:シリーズDで約110億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

神州鷹軟件科技(SHENZHOU YING)がリリースする、保護者と幼稚園の先生が連携して共育できるアプリ「掌通家園(Zhang Tong Jia Yuan)」が、シリーズDで1億ドル(約110億円)を調達した。出資者は「大鉦資本(Centurium Capital)」。同アプリは、これまでに8度にわたり総額10億元(約160億円)以上を調達している。この「双方向共育アプリ」を使うと、幼稚園にいる子供の様子を保護者がいつでもどこでもスマホから確認できるほか、、幼稚園からのお知らせ配信、出欠連絡、育児情報配信などの機能もがある。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録