中国AIユニコーン「センスタイム」 12月30日の上場に向け公募を再開

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国AIユニコーン「センスタイム」 12月30日の上場に向け公募を再開

続きを読む

画像認識技術で知られる中国AIユニコーン企業「センスタイム(商湯科技)」が、香港証券取引所において、株式の公募を再開したと発表した。公募の規模および価格帯は以前と同じとのこと。1株あたり3.85~3.99香港ドル(約56-58円)で、合計15億株を募集し、総額で約60億香港ドル(約874億円)を調達する予定だという。

申し込みは12月23日に締め切られ、12月30日に上場される予定。

中国AI最大手「センスタイム」、米国が投資禁止対象に 香港IPOに暗雲

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録