中国EV大手NIO、AR・VR技術用いた新型セダン発表

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国EV大手NIO、AR・VR技術用いた新型セダン発表

続きを読む

【新華社北京12月23日】中国の電気自動車(EV)メーカー、上海蔚来汽車(NIO)はこのほど、江蘇省蘇州市で年次イベント「NIOデー2021」を開催し、李斌董事長が中型スマートEVスポーツセダン「ET5」を発表した。

「ET5」はEVセダン「ET7」と同じ自動運転システム「NAD」を搭載し、演算性能千TOPS以上のスーパーコンピューティングプラットフォーム「Adam」のほか、800万画素HDカメラ11台、超長距離高精度レーザーレーダー1台を含むスーパーセンシングシステム「Aquila」を備えている。150キロワット時のバッテリーパックを搭載するモデルはCLTC(中国独自の乗用車試験走行サイクル基準)の航続距離が千キロを超える。

同社が拡張現実(AR)・複合現実(MR)技術に携わる深圳太若科技(Nreal)、AR・仮想現実(VR)大手の北京凌宇智控科技(NOLO)と協力して開発したデジタルキャビン「PanoCinema」も導入された。

5G利用のMRゴーグル開発「Nreal」が110億円調達 KDDIとも提携

NIOはこれまでに電池交換ステーションを733カ所建設し、22年末までに1300カ所に増やす計画となっている。また、今年ノルウェーに進出したのに続き、22年にはドイツやオランダ、スウェーデン、デンマークなどの市場開拓も視野に入れ、25年までに25以上の国・地域でユーザーにサービスを提供することを目指している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録