ソフトバンクやテンセントも支援、印中古車取引プラットフォーム「CARS24」が約456億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ソフトバンクやテンセントも支援、印中古車取引プラットフォーム「CARS24」が約456億円を調達

続きを読む

インドの中古車売買プラットフォーム「CARS24」が、4億ドル(約456億円)を調達した。米テック系メディア「TechCrunch」が報じた。リード・インベスターは「Alpha Wave Global」で、そのほかテンセント、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2、DST Global、Moore Strategic Venturesなどの既存株主も追加出資を行った。現在、同社の評価額は33億ドル(約3767億円)となっている。

CARS24は2015年に設立された。中古車を買い取って自社のプラットフォームで販売し、契約金額の一定の割合を報酬として受け取るというビジネスモデルである。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録