中国CATL、ポーランドで2500億円規模のバッテリー工場建設を検討

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国CATL、ポーランドで2500億円規模のバッテリー工場建設を検討

続きを読む

中国車載電池大手の「寧徳時代新能源科技(CATL)」が、20億ユーロ(約2585億円)規模の工場建設候補地をポーランド国内の2カ所で検討中だと、同国の商業紙『Puls Biznesu』が報じた。

同社は候補地として、ポーランド西部のヤボルおよびゴジュフ・ヴィエルコポルスキを検討しているという。またポーランド政府の援助も受けているとのこと。製品の大部分は、テスラの自動車工場があるドイツに出荷されるとみられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録