韓国双龍自動車、中国BYDとバッテリーの共同開発で合意

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

韓国双龍自動車、中国BYDとバッテリーの共同開発で合意

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

韓国の双龍自動車が、中国の新エネルギー社大手「比亜迪(BYD)」との間で、バッテリーの研究開発契約およびバッテリーパック生産技術協力に関する覚書(MOU)を交わしたと、12月22日に発表した。

両社が共同開発したバッテリーは、双龍自動車が2023年に量産を計画しているEV「U100」に搭載されるという。また、電池パックやEV専用プラットフォームの共同開発なども行い、今後も協力範囲を拡大していくとのこと。

双龍自動車は、今回の協力を通じてEVの中核部品の安定供給体制を確立し、将来の競争力を確保したいと述べている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録