アリババ傘下のフードデリバリー企業、業績不振でリストラ断行か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ傘下のフードデリバリー企業、業績不振でリストラ断行か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババの生活関連サービス「阿里本地生活服務(Alibaba Local Services)」が、間もなく大規模リストラを断行するもようだ。リストラの対象はフードデリバリー「餓了麼(Ele.me、ウーラマ)」と生活関連サービスプラットフォーム「口碑(koubei)」のほぼすべての事業に及び、地域拠点の社員も含まれるが、請負契約のドライバーは含まない。

餓了麼の関係者によると、今回のリストラは、同社が生活関連サービス分野で競合する「美団」に大きく差を付けられたことが原因だという。餓了麼は創業地、本拠地である上海におけるシェアが、2021年9月以降50%を割り込んでいる。これは、餓了麼が本拠地の主要エリアで主導権を失ったことを意味する。今年2月1日の春節以降、組織のスリム化が図られる見通しだ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録