アリババ傘下「アント」、ネット保険「衆安保険」への出資比率を引き下げ 「正常な投資判断」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ傘下「アント」、ネット保険「衆安保険」への出資比率を引き下げ 「正常な投資判断」

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババ系フィンテック企業「アント・グループ(螞蟻集団)」が、ネット保険会社「衆安保険(ZhongAn Insurance)」の保有株式数を4653万7063株に減らしたと関係者の話でわかった。それに伴い、持株比率も13.54%から10.37%に低下した。

なお、衆安保険の他の大株主であるテンセント(騰訊)と、「中国平安保険(Ping An)」の持株比率は変わらず、共に10.2054%のままだ。

アント・グループは今回の持株削減について、正常な投資判断であり、衆安保険への出資比率が低下しても、両社の戦略的パートナーシップに変わりはなく、アント・グループはこれまで通り衆安保険の長期的発展を期待していると回答した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録