スマート・ホームの「雲丁科技」:シリーズDで約97億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

スマート・ホームの「雲丁科技」:シリーズDで約97億円を調達

続きを読む

スマート・ホーム関連メーカーの「雲丁科技(Yunding Technology)」が、シリーズDで6億元(約97億円)を調達した。リード・インベスターはバイドゥ(百度)、コ・インベスターは「順為資本(Shunwei Capital)」、「海納亜州(SIG ASIA)」、「険峰長青(K2VC)」。資金はマーケティング、産業チェーンの整備、製品の研究開発に充てられる。雲丁科技は2014年に創業。当初は法人向けにスマートロックやスマート電気メーターなどを使った管理サービスをSaaSで提供していたが、2017年3月に新ブランド「鹿客(Loock.)」をリリースし、個人向け市場に参入。指紋認証やスマホで施錠開錠でき、リアルタイムセキュリティ機能も備えるスマート防犯ロックなどを販売している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手