春節特番の総額270億円お年玉イベント、世界から691億アクセス

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

春節特番の総額270億円お年玉イベント、世界から691億アクセス

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の春節(旧正月)の大晦日にあたる2022年1月31日、毎年恒例の特別番組「春節聯歓晩会」が放送された。番組中に行われた紅包(お年玉)イベントの独占パートナーは「京東集団(JD.com)」が務め、総額15億元(約270億円)分の紅包とプレゼントを用意した。視聴者は、京東のアプリを開いてスマホを振るだけでイベントに参加できた。京東が同イベントの独占パートナーを務めたのは今回が初めて。

番組放送中、紅包イベントには全世界の中国人が参加し、参加回数は延べ691億回に上った。この膨大なトラフィックに対応するため、京東は8つのプロジェクトチームを立ち上げた。京東零售集団(JD Retail)を中心に、物流や技術関連の子会社もサポートに加わった。中でも「京東雲(JD Cloud)」のハイブリッドマルチクラウドOS「雲艦(JDOS)」は、コンピューティング資源を増やさせない中でも、ユーザーが安全で安定的かつ迅速に紅包イベントに参加できるようサポートした。雲艦は全国70ヶ所以上のデータセンターをベースに、300万個近くのコンテナと1000万コア以上のコンピューティング資源を用い、秒単位のスピードでリソースをディスパッチできるという。 

(36Kr Japan編集部)

京東、22年春節特番のお年玉イベントパートナーに決定 史上最高の270億円を投入

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録