アップルが中国市場で絶好調、21年10~12月スマホ出荷台数首位に 6年ぶり

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アップルが中国市場で絶好調、21年10~12月スマホ出荷台数首位に 6年ぶり

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

市場調査会社「Canalys」は、2021年第4四半期(10~12月)および通期の中国本土スマートフォン市場に関するレポートを、1月28日発表した。

レポートによると、米アップル(Apple)は「iPhone 13」シリーズの発売により2150万台を出荷し、中国市場における四半期販売台数で首位となった。これは、15年第1四半期(1~3月)以来のこととなる。

以下、第2位はミドル~ハイエンド路線の戦略を推進するOPPO(傘下ブランド「OnePlus(一加)」含む)で1430万台、第3位は第3四半期(7~9月)の順位を維持した「Honor(栄耀)」で1420万台、第4位はフラッグシップモデルのラインナップ一新により、出荷台数が増加したシャオミ(小米科技)で1350万台、第5位はvivoで1340万台となっている。

21年通期では、vivoとOPPOが共にシェア21%で、3位以下を大きく引き離している。第3位はシャオミ(15%)でアップルはわずかにそれに及ばなかった。一方、Honorの通期出荷台数は4000万台を超え、シェアを12%に伸ばした。

(36Kr Japan編集部)

21年中国スマホ出荷台数、ファーウェイ68%減 vivoシェア22%でトップに

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録