自宅で本格小籠包。東京地下鉄に「京鼎樓」料理の自販機登場

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

自宅で本格小籠包。東京地下鉄に「京鼎樓」料理の自販機登場

続きを読む

台湾小籠包レストラン「京鼎樓」の自動販売機が28日、東京メトロの駅構内に登場する。看板商品の小籠包をはじめ、大根餅や水餃子など4商品を販売するという。

東京メトロとメトロコマースは新型コロナウイルスの感染が拡大する中、通勤・通学中に非対面で購入し、自宅で食事を楽しめるよう、駅構内に冷凍自販機の設置を進めている。京鼎樓は台湾発祥の小籠包レストランで、日本では首都圏で約20店舗を展開、日本1号店が恵比寿にあることから、今回は日比谷線恵比寿駅改札外に自販機を設置する。

販売する商品は「小籠包」「鶏ささみ餃子」「大根餅」「水餃子」の4商品で、順次入れ替えを行っていく。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録