ミニアウトレット「EM衣麦倉」:シリーズPre-Aで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ミニアウトレット「EM衣麦倉」:シリーズPre-Aで数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ミニアウトレットの「EM衣麦倉(Empty Max)」が、シリーズPre-Aで数千万元(数億円)を調達した。出資者は微影資本(We Capital)。資金は品揃えの拡充、直営店の出店、加盟店システムの構築に充てられる。現時点で、衣麦倉グループはすでに40~50の地域フランチャイズ店と契約しているが、2019年1月から新規加盟店募集をさらに強化する。現在、各店舗の月間売上高は30万~40万元(約470万~630万円)。EM衣麦倉は、高級ブランドのバイヤーグループにより構成されるオフライン店舗で、。ナイキ、アディダス、プーマなど各種ブランドの衣類、シューズを中心に取り扱う。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録