21年欧州スマホ市場、サムスンがアップルとシャオミを抑え首位を維持

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

21年欧州スマホ市場、サムスンがアップルとシャオミを抑え首位を維持

続きを読む

香港の調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチのデータによると、欧州のスマートフォン市場では2021年、韓国サムスン電子が32%のシェアを獲得し、首位の座を維持した。

2位以下は、米国アップル(Apple)が26%、中国シャオミ(小米科技)が20%、中国OPPOが8%、中国Realmeが2%、中国vivoが1%と続いた。2020年からのシェアの伸び率は、サムスン電子が6%、アップルが4%、シャオミが6%、OPPOが3%、Realmeが1%だった。

21年の欧州スマホ市場では、アップル、サムスン、シャオミの3社が1回は月間シェア首位を獲得するなど、熾烈な競争が繰り広げられた。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録