中国スマホ「realme」の市場シェア 世界30市場・6地域でトップ5入り

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国スマホ「realme」の市場シェア 世界30市場・6地域でトップ5入り

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

市場調査会社「Canalys」の最新データによると、2021年第4四半期(10~12月)、中国スマートフォンブランド「realme(リアルミー)」の市場シェアが、世界の30市場と6つの地域でトップ5に入った。このうち、フィリピンとバングラデシュでは1位、ドイツやペルー、コロンビア、西欧などの市場・地域別ランキングでは初めてトップ5入りを果たした。realmeは欧州での年間成長率が450%に迫り、同地域で第4位のスマホブランドとなった。

スマホ大手OPPOのインド向けサブブランドとしてスタートしたrealmeは、コストパフォーマンスに重点を置いてきた。OPPOの副社長および海外事業部責任者を務めていた李炳忠氏が2018年5月4日に設立し、同年7月にOPPOから独立した。現在は「深圳市鋭爾移動通信有限公司(Realme Mobile Telecommunications (Shenzhen) )」が運営している。

市場調査会社「カウンターポイント(Counterpoint)」が2021年末に発表した最新データによると、realmeの2021年第3四半期の成長率は831%(世界の5G携帯電話市場の平均成長率は121%)に達し、世界で最も急成長した5Gスマホブランドとなった。

(36Kr Japan編集部)

21年印スマホ市場、過去最高台数を出荷 シャオミはシェア25%で首位

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録