中国発ARグラス「Nreal Air」、ドコモとKDDIから発売 わずか79グラムのポケットサイズ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国発ARグラス「Nreal Air」、ドコモとKDDIから発売 わずか79グラムのポケットサイズ

続きを読む

拡張現実(AR)技術開発をする中国スタートアップ企業「Nreal」は2月14日、KDDI株式会社(以下KDDI)と株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)にて、新製品のARグラス「Nreal Air」を日本で発売すると発表した。

Nreal Airの販売は日本が初となり、14日より予約受付を開始し、製品が届くのは3月4日以降となる。日本では、ドコモやKDDIの全国131店舗(店舗数については順次拡大予定)にて、同製品を体験することができ、ドコモオンラインショップでの価格は税込みで3万9800円だという。

Nreal Airは携帯可能な高画質大型ビューイングデバイスである。本体重量わずか79gで、サングラスのように軽く、折りたたむとポケットにすっぽり収まる。一般的なVRグラスの約2倍のシャープさを実現し、繊細で光沢のある画質で、最大201インチのIMAX級の巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像を楽しめる。

また、同社独自の3Dインタラクティブアプリケーション「Nebula」により、ユーザーは簡単に複数の仮想画面を同時に立ち上げることができ、映画、サッカーの試合、ニュース、SNS、ショートビデオなど、お気に入りのコンテンツを見逃す心配なく、3D映像空間上でマルチ視聴することが可能だ。

世界中で注目される「メタバース」に関する動きは活発化しており、新興のAR/VR企業にも新たな発展の可能性を提示している。

(36Kr Japan編集部)

KDDIとも提携の中国ARグラス「Nreal Light」が海外進出加速、韓LG系キャリアから発売

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録