「声智科技」:シリーズBで約32億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「声智科技」:シリーズBで約32億円を調達

続きを読む

音声認識技術とAIアシスタントサービスを提供する「声智科技(SoundAI)」が、シリーズBで2億元(約32億円)を調達した。リード・インベスターは「毅達資本(Addor Capital)」、コ・インベスターは「峰瑞資本(FREES FUND)」と「正居資本(Zhengju Capital)」で、「中関村銀行(Zhongguancun Bank)」と「InnoVen Capital」も出資した。資金は主に、音声認識の先端技術とAI対話技術の研究開発、業務拡張、製品とプラットフォームサービスの大規模実用化に充てられる。声智科技は、音声認識チップ、モジュール、デバイスの研究開発、設計、製造を行い、音声認識技術のトータルソリューションを提供する。同社は、スマートオーディオを主力分野とする一方、スマートセキュリティ、スマート医療、ロボットなどの分野にも進出、現在、ワンストップ音声対話ソリューション及びスマートオーディオの開発キットをリリースしている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手