ショート動画の快手、UEFAチャンピオンズリーグの配信権獲得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ショート動画の快手、UEFAチャンピオンズリーグの配信権獲得

続きを読む

中国動画配信大手「快手科技(Kuaishou)」はこのほど、欧州サッカー連盟(UEFA)と配信権契約を結んだ。同社のスポーツ専門チャンネル「快手体育」は、UEFAチャンピオンズリーグ2021〜22年シーズンの生中継配信およびショート動画配信の公式プラットフォームとなる。同時にショート動画の二次創作権も取得した。

快手体育は20年以降、イタリアのプロサッカーリーグ「セリエA」、米プロフットボールリーグ「NFL」、米プロバスケットリーグ「NBA」、世界スヌーカー選手権などの放映権を相次いで獲得している。また、21年6月には同年夏に開催された東京五輪と22年北京冬季五輪のオンデマンド配信権とショート動画の二次創作権を取得した。 

スポーツ分野の著作権専門家は「オンデマンド配信は生中継に比べ、権利取得費用が3分の1から5分の1で済む。二次創作の権利を取得するだけなら費用はさらに安くなる」と説明した。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録