テンセント、2030年のカーボンニュートラル達成へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセント、2030年のカーボンニュートラル達成へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国インターネット大手のテンセント(騰訊控股)は2月24日、遅くとも2030年には自社の事業とサプライチェーン全体でカーボンニュートラルを達成すると同時に、消費電力の100%をグリーン電力で賄えるようにする計画を発表した。

テンセントの概算では、同社の21年における温暖化ガス排出量は二酸化炭素換算で計511万1000トンだった。排出量を減らすためには、車両運用やサプライチェーン、建築材料、データセンターなど幅広い分野で改革を進めていく必要がある。

テンセントの改革はすでに始まっている。広東省深圳市の本社ビルでは20年、空調の末端制御技術の最適化により598万kWhの節電を達成した。運用に多くの電力を要するデータセンターでは、冷却制御および電力消費対策を中心に、排出量削減に取り組んでいる。貴州省貴安市の七星データセンターは、気温の低い山中の洞窟に建設し、エアコンの使用を減らした。上海市の青浦データセンターでは、太陽光発電と天然ガスで消費電力を賄っている。また、蓄電設備を導入し、電力使用量の増減に対応している。

中国政府が示す脱炭素政策「ダブルカーボン(双碳)目標」の達成に向け、テンセントは業界のリーディングカンパニーとして模範を示す必要があった。同社以外にアリババ集団やバイドゥ(百度)などのインターネット大手も、独自の排出量削減目標を発表している。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録