無人物流ソリューションの「暢行智能」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

無人物流ソリューションの「暢行智能」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

続きを読む

物流分野で無人運転ソリューションを提供する「暢行智能」が2018年10月、エンジェルラウンドで、1000万元(約1億6千万円)を調達した。出資者は「明勢資本(FutureCap)」。資金は主に技術研究開発と港湾及び物流エリアでの試験運用に充てられる。暢行智能は2018年9月に創業、自動運転レベル4対応のハードウェア(センサー、制御装置)及びソフトウェアを提供する。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手