無人物流ソリューションの「暢行智能」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

無人物流ソリューションの「暢行智能」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

物流分野で無人運転ソリューションを提供する「暢行智能」が2018年10月、エンジェルラウンドで、1000万元(約1億6千万円)を調達した。出資者は「明勢資本(FutureCap)」。資金は主に技術研究開発と港湾及び物流エリアでの試験運用に充てられる。暢行智能は2018年9月に創業、自動運転レベル4対応のハードウェア(センサー、制御装置)及びソフトウェアを提供する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録