運輸管理システムの「oTMS」:シリーズC1で資金を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

運輸管理システムの「oTMS」:シリーズC1で資金を調達

続きを読む

オンライン運輸管理システム(TMS:Transportation Management System)を開発する「oTMS」が、シリーズC1で資金を調達した。出資者は「招商局創新投資管理有限責任公司(China Merchants Innovation Investment Management Co., Ltd.)」、財務アドバイザーは「青桐資本(Phoenix Tree Capital)」。資金は、「SaaS TMS+運輸管制塔(技術+サービス)」戦略の推進に充てられる。oTMSは、発荷主、物流会社、運輸会社、ドライバー、着荷主を連結し、スムーズな運輸システムを構築するプラットフォームだ。同社には運輸協同プラットフォーム、O速配、快易貸、oTMS倉庫予約といった配送関連サービスもあるう。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手