農業サポートの「中農普恵」:シリーズPre-Aで約6億5000万円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

農業サポートの「中農普恵」:シリーズPre-Aで約6億5000万円を調達

続きを読む

農産物サプライチェーン全般をサポートする「中農普恵(Zhongnong puhui)」が、シリーズPre-Aで4000万元(約6億5000万円)を調達した。リード・インベスターは食品ECサイトを運営する「供銷e家(GXYJ.COM)」、コ・インベスターは「宜信新金融産業投資基金(CreditEase Fintech Investment Fund)」、財務アドバイザーは「白沢資本(元・以太創投)」。資金はクラウドサービス「慧種地」のアップグレードや、農業用スマートIotハードウェアの調達、物流・集配センター建設に充てられる。中農普恵は、ビッグデータとAIを活用し、栽培効率や作物の品質を向上させるためのサポートをするほか、農家への融資も行う。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手