飲食物流サプライチェーンの「餐北斗」:シリーズA++で数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

飲食物流サプライチェーンの「餐北斗」:シリーズA++で数億円を調達

続きを読む

飲食物流サプライチェーンの「餐北斗(CBD logistics)」が、2018年12月末にシリーズA++で数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「新希望川商創投資基金(New Hope Investment Group)」、コ・インベスターは既存株主の「順豊エクスプレス(SF Express)」、「黒馬基金(Dark Horse Ventures )」、「啓創資本(QC Capital)」、「険峰長青(K2VC)」及び「展博資本(Gemboom Investment)」、「富泰来(Futailai Investment)」。財務アドバイザーは「華興Alpha(Huaxing Alpha)」。餐北斗の資金調達は2018年において3度目。前回よりわずか3カ月でシリーズA全体での調達額は1億元(約16億円)を超えた。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手