アリババ、テンセントが人員削減か 最大3割リストラとの情報も

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ、テンセントが人員削減か 最大3割リストラとの情報も

続きを読む

3月13日、中国IT大手のアリババ集団やテンセント(騰訊控股)が、今後数週間のうちに人員削減を断行するとの情報がネット上に広まった。この情報はすぐ拡散され、中国版ツイッター「微博(Weibo)」で1億回以上閲覧されている。

関係者は、両社が1割から最大3割の人員を削減すると推測する。アリババの地域密着型共同購入サービスを手掛ける「MMC事業部」は現在、約2割の人員削減を計画しており、複数の業務部門がすでに暫定的な対象者者リストを確定したという。

しかし、この情報はあくまでもネット上の噂であり、メディアによって確認されたものではない。両社とも現時点でこの噂に関するコメントは出していない。

なお、昨年末から今年かけて、TikTokを運営しているバイトダンス(字節跳動)、配車アプリ最大手の「滴滴出行(DiDi Chuxing)」、AIや検索サービス大手のバイドゥ(百度)などIT大手各社の人員整理が相次いで報じられいる。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録