ワイヤレスイヤホンの英「Nothing」、スマホ事業に参入

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ワイヤレスイヤホンの英「Nothing」、スマホ事業に参入

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

英新興デジタル製品ブランド「Nothing」の裴宇(カール・ペイ)CEOはこのほど、同社初のスマートフォン「Nothing Phone 1」を発表した。米クアルコムのSoC「Snapdragon(スナップドラゴン)」が搭載される。

Nothingはまた、1000 万ドル(約12億円)の株式投資型クラウドファンディング「コミュニティ投資」も実施すると発表した。その評価額は、同社がシリーズBで調達した資金と同程度の約7000万ドル(約84億円)になる見通し。同シリーズの出資者は、スウェーデンの大手投資ファンド「EQT」系のベンチャーキャピタル(VC)「EQTベンチャーズ」と香港のVC「C資本(Cベンチャーズファンド)」だった。

Nothingは、中国のスマホメーカー「一加(OnePlus)」の共同創業者、カール・ペイ氏が2020年にロンドンで設立。アクティブノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスステレオ(TWS)イヤホン「ear(1)(イヤー・ワン)」で一躍有名になった。

(36Kr Japan編集部)

 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録