1〜2月の世界車載電池シェア 1位CATL、パナソニックはトップ3から陥落

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

1〜2月の世界車載電池シェア 1位CATL、パナソニックはトップ3から陥落

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

韓国の市場調査会社「SNE Research」がこのほど、最新の統計を発表した。今年1~2月の車載バッテリー搭載量(容量ベース)は、世界全体で前年同期の2倍以上に増え、53.5ギガワット時(GWh)となった。

車載バッテリーのメーカー別シェア1位は、前年同期と同じく中国の「寧徳時代(CATL)」。搭載量は18.4GWhで、全体の34.4%を占めた。2位は韓国LGエナジーソリューション。搭載量は7.4GWhで前年同期比37.6%増となったが、シェアは20.7%から13.8%に減少した。「比亜迪(BYD)」は11.9%のシェアを獲得し、パナソニックを抜いて3位に入った。

中国CATL、5年連続で世界最大のEV用バッテリーメーカーの座を守る

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録