メルセデス・ベンツ、車両価格引き上げ 原料価格と輸送費上昇で

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

メルセデス・ベンツ、車両価格引き上げ 原料価格と輸送費上昇で

続きを読む

独メルセデス・ベンツは4月2日、原料価格の大幅な上昇と世界的なサプライチェーンの混乱を理由に、全モデルのメーカー希望小売価格の引き上げをディーラーに通達した。車種によって異なるものの、3000~7万6000元(約5万7000~144万円)の値上げとなる。「Eクラス」のハイブリッドモデルは当面の間、価格調整を行わないが、「メルセデス・ベンツ充電用ウォールユニット」の無償提供は中止となる。

(出典:「未来汽車日報」)

ロイター通信は以前、ウクライナ紛争の影響で車体用のアルミニウムや三元触媒コンバータ用のパラジウム、電気自動車(EV)のバッテリーに用いるニッケルなどの価格が上昇し、消費者の負担増につながるとしていた。

原料価格の上昇と輸送コストの増大は、すでにチップ不足とバッテリー価格の上昇に悩まされていた自動車メーカーに、さらなるプレッシャーを与えている。中でも真っ先に打撃を受けたのはEVメーカーだった。3月以降、米テスラは1週間で3度値上げしたほか、中国の比亜迪(BYD)、小鵬汽車(XPeng Motors)、威馬汽車(WM Motor)なども相次いで値上げを発表している。

中国EV各社、原材料の高騰で値上げ相次ぐ 最大約57万円

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録