21年欧州での特許出願件数、ファーウェイがサムスンを抑え首位に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

21年欧州での特許出願件数、ファーウェイがサムスンを抑え首位に

続きを読む

欧州特許庁(EPO)は現地時間4月5日、2021年の特許統計(Patent Index 2021)を発表した。EPOが21年に受理した特許出願件数は、前年比4.5%増の18万8600件だった。このうち、中国企業による特許出願件数は24%増の1万6665件で、再び過去最高を記録した。

企業別の特許出願件数では、ファーウェイ(華為技術)が3544件で1位、サムスン電子は3439件で2位(20年は3276件で1位)、LG電子が2422件で3位となった。中国からはファーウェイのほか、OPPO、ZTE(中興通訊)、バイドゥ(百度)、シャオミ(小米)およびテンセント(騰訊)が上位50位以内に入った。

国別特許出願件数の上位5位は、米国、ドイツ、日本、中国、フランスの順だった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録