自動運転スタートアップ「図森未来」がシリーズD で9500万ドルの資金調達を完了

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

自動運転スタートアップ「図森未来」がシリーズD で9500万ドルの資金調達を完了

続きを読む

自動運転スタートアップ「図森未来(TuSimple)」は、シリーズDで「新浪(SINA)」から9500万ドル(約104億5000万円)の資金調達を完了したと発表した。主な用途は商品化と技術開発である。2018年11月の創業以来、図森未来は新浪、エヌビディア(NVIDIA)、「治平資本」、「複合資本」から計8300万ドル(約91億3000万円)の資金調達に成功している。今回の資金調達で評価額は10億ドル(約1100億円)に達すると見込まれ、図森未来は自動運転の新鋭ユニコーン企業(企業価値が10億ドル以上の未上場企業)となる。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手