ゲームライブ配信の「闘魚」、21年は赤字もMAUは着実に増加 第4四半期は6240万人

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ゲームライブ配信の「闘魚」、21年は赤字もMAUは着実に増加 第4四半期は6240万人

続きを読む

ゲーム実況配信プラットフォーム「闘魚(Douyu)」を運営する「武漢闘魚網絡科技」が3月16日、2021年第4四半期および通期の決算を発表した。

21年通期の売上高は前年比4.54%減の91億6500万元(約1700億円)。純損失は6億2000万元(約115億円)で、前年の純利益4億400万元(約75億円)から赤字に転じた。調整後の純損失は、前年の5億4200万元(約101億円)から4億60万元(約74億円)に縮んだ。

第4四半期の売上高は、前年同期比2.6%増の23億2800万元(約435億円)。純損失は前年同期の2億2900万元(約42億円)より減って1億9300万元(約36億円)。調整後の純損失も前年同期の1億7690万元(約33億円)から1億1200万元(約20億円)に縮小した。

21年の減収は、ライブ配信と広告による収入が、ともに前年同期比で減少したことが主な原因となった。しかし、ユーザー規模は着実に拡大し、第4四半期はモバイル端末利用の平均月間アクティブユーザー数(MAU)が、前年同期の5820万人から7.2%増え、6240万人となった。

(36Kr Japan編集部)

ゲームライブ配信最大手の闘魚(Douyu)、日本向けサービス「Mildom」が好調で業界トップクラスへ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録