ファーウェイから独立した「Honor」、「22年はフラッグシップ機で海外市場シェア回復」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ファーウェイから独立した「Honor」、「22年はフラッグシップ機で海外市場シェア回復」

続きを読む

中国通信機器大手のファーウェイから独立したスマートフォンブランド「Honor(栄耀)」の趙明・最高経営責任者(CEO)がこのほど、「当社はすでに、ハイエンド機種『Magic4 Pro』およびミドルレンジ機種を中東やアフリカ、アジア太平洋地域、マレーシア、欧州諸国の一部、ラテンアメリカで発売している」とした上で、「2020年以降1年以上にわたり、海外市場では品薄状態が続いている。21年末にミドルレンジ機種の『Honor 50』を海外で発売した際も、供給は完全には回復していなかった」と説明した。

趙CEOはまた、「22年を海外市場でのスタート元年と位置づけ、各国での供給回復を図る。しかし、海外市場でのシェアを回復するには数年が必要で、発展のためにはフラッグシップ機種によるけん引が不可欠だ」と述べた。

Honorは13年、ファーウェイ(華為技術)の低価格スマホブランドとして誕生。その後、米国政府の規制でファーウェイのスマホ事業が低迷したことが一因となり、20年11月に同社から独立した。

ファーウェイから独立した「Honor」、2022年上場の報道を否定

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録