内視鏡手術ロボットの「北京術鋭」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

内視鏡手術ロボットの「北京術鋭」:シリーズAで数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

内視鏡手術ロボットの研究開発を行う「北京術鋭技術有限公司(Beijing Surgerii Technology Co., Ltd.)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「順為資本(Shunwei Capital)」、コ・インベスターは「匯鼎基石(Hyfinity Investment)」と既存株主の「天峰医療」。資金は研究開発チームの拡充、臨床研究の推進、手術ロボットの改良と製造システムの改善等に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録